Raspberry Pi に Kali Linux 64bit をインストール

なおです。

最近、IoT 機器のネットワーク解析を行うために、中間者攻撃用の Wi-Fi AP を作ろうと思い、とりあえず手元のラズパイに Kali Linux をインストールしました。その際、ラズパイ用の Kali Linux ARM images に 64bit 版が追加されているのを見つけたため、せっかくなので 64bit 版を選択してみました。

利用環境

PC

$ uname -a
Darwin NaonoMac-mini.local 18.2.0 Darwin Kernel Version 18.2.0: Fri Oct  5 19:41:49 PDT 2018; root:xnu-4903.221.2~2/RELEASE_X86_64 x86_64

Raspberry Pi 3B+

www.raspberrypi.org

microSD カード

Samsung microSDカード64GB EVOPlus MB-MC64GA/ECO

インストール手順

Kali Linux イメージをダウンロード

以下のページから、RaspberryPi 3 用の 64bit 版 Kali Linux をダウンロードします。

Kali Linux ARM Images

Kali Linux ARM Images

ダウンロードしたファイルは xz 形式のため、自身の環境の解凍ソフトで解凍してください。

microSD カードの初期化

microSD カードの初期化を行います。私は mac を使っているため、ディスクユーティリティを利用しました。

ディスクユーティリティ

  1. 初期化を行う microSD カードを選択
  2. 名前、フォーマット、方式を入力
  3. 初期化を実行

イメージファイルの書き込み

microSD カードに OS のイメージファイルを書き込みます。書き込みにはイメージ書き込みツールのEtcherを利用しました。

Etcher

  1. 書き込むイメージを選択
  2. 書き込み先の microSD カードを選択
  3. 書き込みを実行

OS の起動

書き込んだ microSD カードをラズパイに挿入し起動します。デフォルトの root パスワードは toor です。起動したらインターネットに接続し、アップデートを行います。

# apt update
# apt upgrade
# apt dist-upgrade
# apt autoremove

無事にインストールが完了しました。

Kali Linux RaspberryPi 3 64bit

おわりに

今回はインストールまでしか行っていませんが、実際にラズパイを利用した IoT 機器のネットワーク解析についても今後記事にしようと思います。